納得のいく火災保険を選ぼう!

補償内容は本当にそれでいいか

火災保険で重要になるのは、補償の範囲でしょう。建物と家財について補償対象となるのが一般的ですが、火災のみを範囲とするものから、地震や落雷、水害まで範囲にできるものまで多種多様です。原則として火災以外の範囲についてはオプションで付け加えていくものとなりますが、自分の場合には何が必要なのかきちんと考えなくてはいけません。ただ安いからという理由で地震特約を外すというのも賢い方法ではないですね。
リスクがどの程度あるのか、オプションを付けることによって費用はいくら高くなるのかなど、考えるべきことは非常に多いです。火災保険の契約をするときには、たくさん悩むのがいいわけですね。ファイナンシャルプランナー等、プロの人に相談をするのもいいでしょう。

長期契約ができるならした方がお得

火災保険は基本的には毎年更新をしていくものですよね。しかし、長期的にその家に住むような場合は、長期契約を選択するとお得になる可能性が高いです。中には30年以上の一括契約ができる場合もあります。長期契約の場合はもちろん、毎年契約を更新するのに比べて割安な料金で保険に加入ができます。マイホームを建てたときには、長期契約をするといいかもしれません。賃貸の場合は二年契約が一般的なので、こうしたテクニックは使いづらいかもしれません。
保険金の受け取り方にも種類があるので注意しておきましょう。再調達価格にて保険金を受け取るのがベストだと言われています。時価で支払いをされてしまうと、受け取れる保険金の額が大幅に目減りしてしまう可能性があるからです。