火災だけではない、火災の加入メリット

こんなに幅広かった!火災保険の補償範囲

火災保険というと、文字通り火災の際の損害を補償してくれている保険というイメージがありませんか。
もちろん火災に対する補償も行っているのですが、実はそれ以外にも火災保険がカバーしてくれる災害やトラブルがあるのです。
落雷、台風や暴風等の風害、雪害、大雨洪水といった水害等の自然災害によって生じた損害や、水漏れ、爆発及び建物外部からの飛来や衝突によって生じた損害、盗難による被害や家具等を誤って破損してしまった場合なども、火災保険の補償範囲に含まれています。
保険を選ぶ際には複数社を見比べて選ぶのがおすすめです。その際の手軽な方法としてオンラインでの見積もりがあげられます。
オンラインでは条件を入力することで各社保険料の一括見積もりを行ったり、必要な補償に応じてチャート形式で保険商品を選んだりすることができます。

住環境やライフスタイルに応じた保険を選ぼう

火災保険を選ぶ際にはいくつかポイントがあります。まずは建物と家財の内いずれかを対象とするのか、それとも両方を補償するのかです。
また多岐に渡る補償範囲をどこまで必要とするかによっても、火災保険の選び方は変わってきます。たとえば水害に関しての補償などは、お住まいの地域によって必要度に大きく差があります。
火災保険の保険料は建物の構造や補償額、基本補償以外の特約を付けるか否かによって異なります。
補償の範囲を広げると保険料も高くなる傾向があるため、必要な補償はどれなのかを見極めた上で選ぶのが得策です。
契約年数等、他にも各商品によって違いがあります。オンライン見積もり等をうまく活用して、自分に合った保険探しの参考にしてみてくださいね。