火災保険の見直しは必要?

火災保険の選び方のポイント

火災保険を選ぶときには賃貸住宅などの短期の場合には費用から、住宅ローン付きの火災保険を選ぶなら期間から選ぶのがおすすめです。
まずは住宅ローン付きの場合ですが火災保険に加入しなければなりませんし、ローンの期間をカバーしてくれる長期タイプを選ぶことになります。
期間が長期になるので割安になりますが、基本的には一括支払いになるので大きな出費となります。
賃貸住宅の場合には費用から選ぶのがおすすめです。
広さによって家屋の構造によっても変わって来ますが、月額2000円くらいに抑えておくと払いすぎにならずにすみます。
住宅ローン付きの場合には不動産会社が仲介してくれますし、ローンの手続きと同時に行う必要がありますが、賃貸では不動産会社が進めるプランをそのまま鵜呑みにするのではなく、見積もりを比較して選ぶことも費用を抑えるポイントになります。

地震保険をつけるかどうか

火災保険にプラスして加入することになるのが地震保険です。
地震保険は単独で加入することができませんので注意が必要です。
また地域で地震が発生してから地震保険を後からオプションで追加しようとする人が多いため、保険料が高額に変更されてしまったり、加入ができない場合が発生してしまうことがありますので事前に知っておく必要があります。
地震保険では地震が原因で発生したトラブルを証明することが難しい場合がありますので、加入しておいても意味がないと考える人も多いですし、保険料が高額になってしまうためにためらってしまうこともありますが、火災保険をワンランク上のものにしたと考え、一括払いなどにすることで月々の出費の負担をカバーすることができます。

火災保険に加入すると、火事が原因で家や家財を失った際保険で賄えます。家財などは購入時の価格でなく、火災当時の資産価格が対象となりますが、火災保険で家財を補填できると言えます。